モノづくりは奥が深くて、
知れば知るほどやりがいが増しています

モノづくりは奥が深くて、
知れば知るほどやりがいが増しています

大森 有佳

Yuka Omori

商品部

2018

年入社

商品開発

TIME SCHEDULE

午前

メールのチェック、生産管理業務を開始
進行中案件の社内会議、海外支店との打ち合わせ

お昼休憩

ランチ(業務のキリの良い所で自由に休憩しています)

午後

海外から届いたサンプルのチェック、発送準備
お客様とアポイントがある日はZOOMなどでWEB商談
企画書の作成、見積書などの資料作成

​ ある日のスケジュール

Q&A

Q

仕事の内容や、やりがいを教えて下さい。

A

商品部に所属しており、主にクライアントの開発商品の生産管理業務を行っています。
クライアントと企画・仕様の打ち合わせをして、希望を実現するために海外支店・中国工場とのやり取りを重ね、製造方法や仕様をまとめていきます。
サンプル作成を何度も行い、最終形態に仕上がったら量産をしてクライアントへ納品します。

弊社は国内の様々な企業様とお付き合いしており、新商品開発やイベントなど、ワクワクするできごとに携われます。消費者の方が喜んだり驚いたり楽しんだりできるものを世の中に提供できることにやりがいを感じています。

モノづくりは奥が深くて、
知れば知るほどやりがいが増しています
モノづくりは奥が深くて、
知れば知るほどやりがいが増しています

Q

入社して実感したこと(入社前後のギャップ等)を教えて下さい。

A

「モノづくり」は大変だということです。
雑貨業界は中国での製造がメインであり、毎日中国工場の方々とやり取りしますが、日本人とは文化も環境・感覚も違うため、スムーズに理解してもらえないことがあります。指示書の書き方・依頼の仕方など、数値で明確に指示したり、図や写真・動画を駆使するなど工夫を行っています。
ちなみに海外工場とのやり取りは、日本語が話せるスタッフがいますので、こちらは日本語しか話せなくても仕事ができます。(笑)

モノづくりは奥が深くて、
知れば知るほどやりがいが増しています

Q

職場の雰囲気や同僚との関係を教えて下さい。

A

分からないことがあれば、全員で教え合うような風土があります。社員同士はもちろん、部長、社長も親身になってくれます。モノづくりは奥が深く日々勉強のため、全員の知識を集結しながら課題に取り組んでいます。
オフの日は、仲の良い同僚とテニスをしたり、一緒に四国カルストや佐田岬などの観光スポットに遊びに出掛けたりしています。

MESSAGE

「好きなものを仕事にする」
そんな働き方をしたい人にぴったりです。

OTHER VOICE